web検索 サイト内検索
文字の大きさについて_


トップページ  分野別に探す  景観・環境  環境保全と開発  環境保全と開発の考え方

白馬村における環境保全と開発の考え方


 白馬村は、美しい自然や景観に恵まれ、これを活かした観光産業で成り立っています。
 訪れる観光客への最大のもてなしは、この美しい自然環境や景観を提供することです。
 観光の歴史は開発の歴史とも言えますが、地球温暖化・酸性雨・オゾン層破壊など地球規模での環境問題がクローズアップされている現在、環境保全は地球に共に暮らす人類全体の課題であり、21世紀における最も重要な課題の一つとなっています。無秩序な開発を行うことは、結果として自らの首をしめることになります。わたしたちは、今後の観光産業の安定を図るためにも、環境という大きな視点に立ちながら、経済活動及び開発事業のあり方を考えていかねばなりません。
 また一方で、バブル崩壊から端を発した不況から日本経済は未だ立ち直ることは出来ず、政府の経済対策もこれまでのところ先行き明るい見通しをもたらしていません。白馬村においても、この不況は基幹産業の観光に深刻な影響をもたらしています。将来に向かっての安定的な観光の基盤整備を考えるとき、規制だけではない、次代を見据えたグローバルな視点からの環境保全と開発のルールづくりが必要です。
 このような考え方に基づき、平成11年12月、これまでの開発(規制)行政の基としてきた白馬村開発基本条例を見直し、これを包含する形で、開発を含めた21世紀の環境行政の礎とする、「白馬村環境基本条例」を制定しました。併せて施行規則及び指導要綱についても全面的に見直しを行いました。
 これらの条文の一つ一つが白馬村の考え方です。行政が自ら行うことはもとより、村民の皆様、そしてこれから事業を計画されている事業者の皆様方におかれましては、今後の白馬村の安寧と発展のため、共にご協力頂きますようお願い申し上げます。




お問い合わせ
 総務課 企画係
 Tel/Fax/E-mailの連絡先はこちら


トップページ
  分野別に探す
   景観・環境
    環境保全と開発
     環境保全と開発の考え方
白馬村役場<hakuba@vill.hakuba.lg.jp>
〒399-9393 長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
TEL.0261-72-5000(代表) FAX.0261-72-7001


copyright 2008. hakuba village all rights reserved