web検索 サイト内検索
文字の大きさについて_


トップページ  分野別に探す  景観・環境  環境保全と開発  自然保護協定地等の規制

自然保護協定地等における規制概要


 村内で別荘分譲等の開発で誕生した地区では、県条例に基づく自然保護協定があります。
 また、長野県景観条例に基づき締結された景観形成住民協定地、建築基準法による建築協定地などでは、次のような独自の基準(規制)がありますので、建築物の建設に当たっては遵守されるようお願いします。

自然保護協定地

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ 階数 道路後退 隣地
後退
営業
可否
し尿
処理
雑排水
公道 主要 その他
五竜白馬の森
第1次分譲地
20 40 13 個人は
2階以下
20 10 5 3 公共下水道
(区域外は下記)
五竜白馬の森
第2次分譲地
20 40 13以上
届出
15以下
個人は
2階以下
- 10 5 3 公共下水道
(区域外は下記)
倉下 20 40 13 2 - 10 5 3 合併処理
20ppm
太洋みそらの 20 40 13 2 5 3 - -
太洋落倉 20 40 13 2 5 3 合併処理
20ppm
エクスブレーン 20 40 13以上
届出
15以下
ホテル以外は
2階以下
- 10 5 3 合併処理
20ppm

 ※その他の規定等
  • 五竜白馬の森(第1次分譲地・第2次分譲地)
    • 1区画は1,000u以上。建築面積2,000u以下。申請は管理事務所経由。公共下水道区域外は、し尿(トレンチ方式20ppm、又はくみ取り)、雑排水は個人で処理(地下浸透30ppm)。大型施設は合併処理。各区画への進入路の幅員は4m以下
  • 倉下
    • ブロック毎に集中し、松川支流へ放流。集合別荘等は敷地を戸数で除した場合250u以上。1区画1,000u以上。岩石持出し禁止。し尿・雑排水については汲ヌんぐりに合議。
  • 太洋みそらの
    • 昭和54年10月1日以降の営業届出なし。権利は第三者も有効。管理は管理事務所に一任。
  • 太洋落倉
    • 1区画880u以上。
  • エクスブレーン
    • 塩の道西側15mは森林区域。10〜15m間は10cm以上の樹木は残す。1区画1,000u以上。建築面積2,000u以下。境の沢へ放流。

管理事務所指導区域

別荘地名 建ぺい率 容積率 高さ 階数 道路後退 隣地後退 営業可否 備考
主要 その他
さくら6区画 40 80 13 2 5 3 申し合わせ地区

※管理事務所指導区域については管理事務所の指導により進められていますので、詳細については必ず管理事務所と協議のうえ申請をしてください。


景観形成住民協定地

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ 道路後退 隣地後退 営業可否 備考
エコーランド
景観形成
住民協定
60 200 18 3
(5)
3 自動販売機は設置しない、
樹木は保存する等
みそら野小鳥の森
景観形成住民協定
(旧トーカン地区)
30 60 13 5
(10)
3 樹木の保存、巣箱の設置、
飲酒目的の店舗・風俗店不可
コンビニエンスストア等深夜営業不可等

※上記以外にも和田野地区・八方地区・新田地区・瑞穂地区に住民協定が締結されています。
  詳しくは景観形成住民協定をご覧ください。



建築協定地

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ 道路
後退
隣地
後退
営業
可否
備考
白馬
ニュータウン
建築協定
50 100 13
(軒高11)
2 2 屋根は勾配屋根で、色は茶色を原則。
営業施設については第2種低層住居占用
地域に建築できる施設であれば可能。
植栽に努める等。

※営業施設については、第2種低層住居専用地域に建築できる施設であれば可能


建築協定地(一人協定)

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ 階数 道路後退 隣地後退 営業可否
メルヴェール
白馬分譲地
60 200 15
(軒高12)
2 5
(壁面から)
3
(軒先から)
  • 高さは、白馬村景観形成指導基準と同様の計算方法を用い、仰角は45度とする。
  • 事務所・工場・宿泊施設等の業務用建築物は建築できない。ただし、店舗併用住宅を建築する場合は、建築基準法に定める第1種低層住居専用地域の許可条件に準ずるものとし、他に分譲地管理会社が定める条件がある場合は従うこと。
  • 隣地後退部分の樹木は保存すること。
  • 敷地の現況地盤高を維持すること。

将来の第1種低層住居専用地域として規制をかける区域

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ 階数 道路後退 隣地後退 営業可否
名鉄白馬 30 50 12 - 5 3
県観光開発公社 30 50 12 - 5 3

営業施設については、第1種低層住居専用地域に建築できる施設であれば可能
*隣地後退は景観形成重点地区の指導基準で定められています。



将来の住居地域として規制をかける区域(上記の表以外の地域でその他の法令により規制を受けない区域)

協定地名 建ぺい率 容積率 高さ
  60%以下 200%以下 18m以下

※その他、長野県景観条例および長野県屋外広告物条例による基準があります。
※雪国であるため、建築物の周りにはできるだけゆとりあるスペースを設けるようご協力をお願いします。




お問い合わせ
 総務課 企画係
 Tel/Fax/E-mailの連絡先はこちら


トップページ
  分野別に探す
   景観・環境
    環境保全と開発のきまり
     自然保護協定地等の規制
白馬村役場<hakuba@vill.hakuba.lg.jp>
〒399-9393 長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
TEL.0261-72-5000(代表) FAX.0261-72-7001


copyright 2008. hakuba village all rights reserved