web検索 サイト内検索
文字の大きさについて_


トップページ  分野別に探す  景観・環境  景観形成  住民協定  エコーランド地区

エコーランド地区景観形成住民協定


(協定事項等)
  1. 建築物の建築面積の敷地に対する割合(以下「建蔽率」という。)建築物の延べ床面積の敷地に対する割合(以下「容積率」という。)及び建築物の高さは、次に定めるところとする。
    1. 建蔽率 60%以下
    2. 容積率 200%以下
    3. 建築物の高さ 18m以下

  2. 建築物の外壁等の後退距離は、次に定めるところとする。
    1. 隣地後退は3m以上後退するものとする。但し、隣地との話し合いで、了解を得られればこの限りではない。その際には、正式書類として、当事者及び隣地所有者の実印を押印した承諾書及び印鑑証明書を添付し委員会に提出するものとし、委員会の承諾を得る。その場合も境界より1mを限度とする。
    2. 道路後退については、幅員7m以上は後退5m以上、幅員7m未満は後退3mとする。

  3. 隣地及び道路境界を1m以上の高い塀(見通しのできない遮蔽物をいう。)で囲ってはならない。(但し、道路境界線から1m後退するごとに45°の角度で1m延ばせる。なお、樹木についてはこの限りではない。)

  4. 協定区域内にある樹木は、この区域の景観形成に欠くことのできない重要な資産であることを認識し、その保全に万全の策を講ずることとし、建築物を建築する場合において障害となる樹木は、原則として同一敷地内へ移植することとする。

  5. 所有者等は、その所有又は賃借する土地に樹木がないとき、又はあってもその数が少ない場合は、協定区域の既存の樹木等とつりあいのとれた多くの樹木を植栽するよう努めなければならない。

  6. 自己の建築物の屋根雪は、敷地内で処理ができる建て方にする。

  7. 利便施設(営業施設等)には来客用の駐輪場及び駐車場を設ける。(駐車中の車が道路にはみださないこと。)

  8. 自己の用に供する広告物については、刺激的な色彩又は装飾がなく、美観風致を損なうおそれのないもので、第8条第2項の道路後退に準ずるものとする。(美観を損なうものについては、委員会において指導することができる。)

  9. 委員会は協定区域の美観を損なうと認められる、建築物・工作物及び樹木について、その取り壊し、補修又は伐採について協定者に指導することができる。

  10. 屋外には自動販売機を設置しない。

  11. 公共的空地及び沿道に面する空地については、植栽・花壇の設置等を行う他、公共の駐車場・公衆トイレ・公園・集会場・公共看板・側道の整備等の協定区域内の良好な景観形成を図るために必要な事業を行うことができる。


(保存樹木等の指定)

  1. 協定区域内の美観風致を維持するため、委員会において特に必要と認めたときは、樹木又は樹木の集団を、保存樹又は保存樹林(以下「保存樹等」という。)として指定することができる。
  2. 協定者は、保存樹等が大切に保存されるように努めなければならない。
(建築物の用途)

  1. 協定区域内における建築物の用途は、第1条の目的を損なわないものとし、その具体的な範囲は、委員会において検討し、所有者等の合意を得て定めるものとする。


お問い合わせ
 総務課 企画係
 Tel/Fax/E-mailの連絡先はこちら


トップページ
  分野別に探す
   景観・環境
    白馬村の景観形成
     景観形成住民協定
      エコーランド地区
白馬村役場<hakuba@vill.hakuba.lg.jp>
〒399-9393 長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
TEL.0261-72-5000(代表) FAX.0261-72-7001


copyright 2008. hakuba village all rights reserved