web検索 サイト内検索
文字の大きさについて_


トップページ  出来事で探す  福祉・介護  障がい者福祉  自立支援医療

自立支援医療


 自立支援医療とは、障がい者の心身の障がいの軽減を図り、自立した日常生活または社会生活を営むために必要な医療をいいます。
 具体的には、精神障がい者通院医療・身体障がい者の更生医療・障がい児の育成医療のことで、治療に必要な費用の一部について助成します。

対象となる方

 従来の精神通院医療・更正医療・育成医療の対象となる方

給付水準

 自己負担については、原則として医療費の1割負担になります。
 ただし、世帯の所得に応じて、1ヵ月あたりの負担に上限が設定されています。
 また、入院時の食費については原則負担となります。

精神通院医療

 精神科の治療を受けた場合に、その負担を補助する制度があります。
 なお、1回の申請で認められるのは1年間です。

更生医療

更生医療とは…

 更生医療とは、身体に障がいのある方に、日常生活能力や職業能力等を回復・獲得していただくために行う医療です。
 したがって、対象は永続する障がいそのものであり、疾病や外傷の治癒を目的とした一般医療とは一線を画すものです。
 また、適用範囲は身体障害者手帳に記載されている障がい内容と因果関係があり、障がいの除去または軽減が見込まれるものに限定されます。

 ※児童(18歳未満)の場合は育成医療といい、窓口は保健所となります。

申請手続き

  • 必要なもの
    • 身体障害者手帳
    • 医師の意見書(指定医師によるもの)
    • 印鑑
  • 条件
    1. 身体障害者手帳の交付を受けている必要があります。(更生医療との同時申請可能)
    2. 手術等を受けるにあたり、その医療機関が指定医療機関であるかの確認が必要です。
    3. 受けようとしている手術等が更生医療の適用になるかの確認が必要です。
 ※担当の医師とよく相談をしてから申請してください。

給付の内容

 更生医療の給付は指定医療機関での現物給付を原則としており、給付の種類は次のとおりとなっています。
  1. 診察
  2. 薬剤または治療材料の支給
  3. 医学的処理、手術及びその他の治療並びに施術
  4. 居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護
  5. 病院または診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
  6. 移送

医療機関の指定

 更生医療は、現物給付すなわち医療そのものを市町村が直接行うことを原則としていますが、実際はすべて更生医療指定医療機関に委託して行われます。
 身体障害者福祉法第19条に規定する更生医療担当医療機関の指定については、医療機関からの申請に基づき、県知事が県社会福祉審議会の意見を聴き指定することになっています。

対象となる医療

障がい名 疾病名 医療内容
視覚障がい 網膜はく離 網膜はく離手術
角膜混濁 角膜移植手術
白内障 水晶体摘出手術
瞳孔閉鎖 虹彩切除術
聴覚障がい 外耳性難聴 形成術
鼓膜穿孔 穿孔閉鎖術
言語障がい 外傷性または手術後に生じる発音構語障がい 形成術
精神性ショック等により生じた機能性言語障がい 薬物暗示療法
肢体不自由 関節拘縮・強直 関節形成術・人工関節置換術
義肢装着のため 切断端形成術
内部障がい 心室心房中隔欠損 根治術
完全房室ブロック ペースメーカー埋込術
慢性じん不全 人工透析・じん移植術
小腸機能廃絶 中心静脈栄養

※身体障害者手帳の記載内容に対応した手術等が対象となります。
(例:洞機能不全症候群→ペースメーカー移植術、慢性腎不全による腎臓機能障害→人工透析療法、変形性膝関節症による右膝関節機能著障→右人工膝関節置換術など)



お問い合わせ
 健康福祉課 福祉係
 Tel/Fax/E-mailの連絡先はこちら


トップページ
  出来事で探す
   福祉・介護
    障がい者福祉
     自立支援医療
白馬村役場<hakuba@vill.hakuba.lg.jp>
〒399-9393 長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
TEL.0261-72-5000(代表) FAX.0261-72-7001


copyright 2008. hakuba village all rights reserved