web検索 サイト内検索
文字の大きさについて_


トップページ  白馬村長選挙

白馬村議会議員補欠選挙


 選挙日程

 7月18日(水曜日) 立候補予定者説明会(13:30から)
 7月24日(火曜日) 届出書類事前審査(13:00から16:00)まで
 7月30日(月曜日) 選挙人名簿登録基準日・登録日、選挙運動用自動車検査
 7月31日(火曜日) 選挙告示日、立候補届出、選挙運動開始
 8月 1日(水曜日) 期日前投票・不在者投票開始
 8月 2日(木曜日) 選挙立会人届出最終日
 8月 4日(土曜日) 期日前投票・不在者投票最終日
 8月 5日(日曜日) 選挙期日、投開票
 8月 6日(月曜日) 当選証書付与 

 欠員に伴う白馬村議会議員補欠選挙は、7月31日告示、8月5日に投開票が行われます。

 村民の代表を選ぶ議会議員選挙は、私たちにとって身近で大切な選挙です。皆さんそろって投票に行きましょう。
 また、立候補者や選挙運動員はもちろんのことですが、有権者の一人ひとりが正しい選挙知識を身につけ、クリーンな選挙を実現しましょう。

 ※長野県知事選挙同日投開票

 ※白馬村長選挙同日投開票

選挙権は18歳以上

 若者の意見や考え方を政治に届きやすくするため、公職選挙法が改正され、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられました。有権者全員が政治や選挙に関心を持ち大切な一票を投じましょう。
 なお、今回白馬村では選挙権年齢が引き下げられてから初めての村長選挙となります。

投票できる人

 投票ができる人は、選挙人名簿に登録されている次の人です。

  ○年齢 投票日に満18歳以上の人(平成12年8月6日までに生まれた人)
  ○住所 平成30年4月29日までに白馬村へ転入届が済んでいて、投票日あるいは期日前投票をした日まで引き続き村内に住所がある人(長野県知事選挙及び白馬村長選挙人名簿に登録されている方)
村外に転出された方は投票できません。

投票時間等

  ○投票日  平成30年8月5日(日曜日)
  ○投票時間  午前7時から午後8時まで 
  ○投票所  投票所入場券に記載されている場所
  ○開票所  白馬村役場2階 201・202会議室

期日前投票

 投票日当日に仕事や用務がある場合は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じ手続きにより投票を行うことができる制度です。

  ○投票できる人 選挙期日に、仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど、一定の事由に該当すると見込まれる人 
  ○投票期間 平成30年8月1日(水曜日)から8月4日(土曜日)まで 
  ○投票時間 午前8時30分から午後8時まで
  ○投票場所 白馬村保健福祉ふれあいセンター1階作業室 
  ○持ち物 投票所入場券をお持ちください 

入場券

 長野県知事選挙と白馬村村長選挙の入場券は両選併せた1枚の入場券で、長野県知事選挙の告示日以降又はその翌日に発送します。

選挙公報

 選挙公報は8月1日(水曜日)に各世帯へ郵送により発送するほか、行政ホームページにも掲載予定です。

不在者投票(滞在先の市区町村での投票)

 仕事先、旅行先などで村外に滞在している場合、白馬村以外の市区町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。

  1. 投票用紙の請求
     「宣誓書(兼請求書)」に必要事項を記入し、白馬村選挙管理委員会まで請求してください。(直接当事務局にお越しいただき請求することもできます) 
     ※選挙期日の告示(平成30年7月31日前でも受付しています)
  2. 投票用紙受領後の注意点
     告示日後に、「投票用紙」「不在者投票封筒(内・外)」「不在者投票証明書」を郵便書留で送付しますので、受け取られましたら下記の期間(早急)に最寄りの市区町村の選挙管理委員会にお出かけください。
     このとき、先に投票用紙等に記入したり、「不在者投票証明書」を開封すると無効となってしまいますのでご注意ください。
     「投票用紙」等と共にお送りする投票方法の説明に従って投票してください。
  3. 最寄りの市区町村での投票
    ・期間及び時間
     平成30年8月1日(水曜日)から8月4日(土曜日) 午前8時30分から午後5時まで
     (時間、場所については、各市区町村の選挙管理委員会へお尋ねください)
  4. 投票用紙の返送
     投票手続きの済んだ投票用紙は市区町村の選挙管理委員会が白馬村へ返送します。この投票用紙は、投票日当日、閉鎖時刻までに定められた投票所に到着しなければなりません。郵送には日数がかかりますので、請求や投票の手続きはお早めにお願いします。
 pdf 宣誓書(兼請求書) (13KB 1ページ)

病院や老人ホームなどでの投票

 指定病院や指定老人ホームなど、都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設に指定した施設や法令で定められた施設(監獄など)に入院・入所中であれば、その施設で不在者投票ができます。投票用紙などの請求は、施設の長などを通じて行いますが、自分で直接請求することもできます。

郵便等による投票

 身体障害者手帳などをお持ちの方は、下表に該当する場合、自宅などで投票できます。
 
  ※ この制度を利用して投票するためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けなければなりません。交付申請の際には、下表の手帳を提示していただく必要がありますので、まずは選挙管理委員会までお問い合わせください。
 ※ 「郵便等投票証明書」の交付を受けた方からの投票用紙等の交付請求期限は、平成30年8月1日(水曜日)までとなります。 

 ◆郵便等による不在者投票の対象者
対象者  傷病名  障がいの程度 
身体障害者手帳の交付を受けている人   両下肢・体幹・移動機能の障がい  1級又は2級
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障がい  1級又は3級
免疫・肝臓の障がい  1級から3級
戦傷病者手帳の交付を受けている人 両下肢・体幹の障がい  特別項症から第2項症
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障がい  特別項症から第3項症

 対象者  区分
 介護保険の被保険者証の交付を受けている人  要介護5

 ◆代理記載制度の対象者
  (代理人が投票用紙に記載することができる)
対象者  傷病名  障がいの程度 
身体障害者手帳の交付を受けている人   上肢又は視覚の障がい  1級
戦傷病者手帳の交付を受けている人 上肢又は視覚の障がい  特別項症から第2項症

投票用紙

 今回の選挙にかかる投票用紙は下記のとおりとなります。
 白馬村議会議員補欠選挙 用紙はクリーム色に黒刷りとし、記名式となります。

正しい選挙運動にご協力ください

 選挙運動ができるのは、立候補の届出が受理されてからです。それ以前の選挙運動は一切することができません。また、公職選挙法により禁止されている運動は以下のとおりです。

  • 戸別訪問
     各家庭や会社などを回って特定の候補者に投票するように頼んだり、選挙運動のために各家庭に演説会の開催を知らせたり、候補者の氏名や政党名などを言い歩くことは禁止されています。
  • 飲食物の提供
    ・選挙事務所などでは、運動員に通常用いられる茶菓子や限られた金額と数量の弁当以外の飲食物を出すことは禁止されています。
    ・有権者が陣中見舞いに酒やビールを選挙事務所に持っていくことは違反になります。
    ・選挙事務所などで、お茶代わりに酒やビールを出すことも禁止されています。
  • 買収供応・選挙妨害
    ・選挙運動のために買収したり、ご馳走をしたりされたりすることは違反です。
    ・候補者についてのデマをとばすこと、候補者や選挙人、運動員を脅したり、演説や集会を妨害したり、選挙ポスター、看板などを破損し、運動を妨げることは禁止されています。
  • 寄付の禁止
     公職の候補者または公職の候補者になろうとする者は、選挙区内にある者に対し、いかなる名義をもっても寄附することはできません。

  違反のない明るい選挙を実現しましょう!



お問い合わせ
 白馬村選挙管理委員会
 Tel/Fax/E-mailの連絡先はこちら


トップページ
  「衆議院議員総選挙」及び「最高裁判所裁判官国民審査」
白馬村役場<hakuba@vill.hakuba.lg.jp>
〒399-9393 長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
TEL.0261-72-5000(代表) FAX.0261-72-7001


copyright 2008. hakuba village all rights reserved