高齢者予防接種費用助成

インフルエンザ予防接種

 インフルエンザはウイルス感染によっておこる病気で、主な症状として、高熱・頭痛・筋肉痛・全身倦怠感・喉の痛みなどがみられます。普通の風邪と比べ症状が重く、全身症状も顕著に現れます。そのため、高齢者が罹ると肺炎を併発したり、持病を悪化させたりします。村では、予防接種費用の一部を公費負担致しますので、接種を希望される方はこの機会に予防接種をお受けください。

接種期間

 令和元年10月1日~令和2年1月3日

費用

 自己負担1,200円 接種を受ける際に医療機関でお支払いください。

対象者

  1. 白馬村に住民票がある65歳以上の方
    (65歳の誕生日以降に接種してください。)
  2. 令和2年1月31日現在60歳以上65歳未満の方で、呼吸器機能・心臓機能・肝機能障害の身体障害者手帳1級をお持ちの方、1級に相当する方

接種方法

 村内の医療機関で接種できます。なお、希望者は各自で医療機関に予約してください。

  (注意) ご不明な点は、健康福祉課(電話番号:0261-85-0713)までお問合せください。

高齢者肺炎球菌ワクチン

 平成26年10月1日から実施されている高齢者用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種ワクチン事業(国が国民に接種を推奨するワクチン)が5年間延長されました。
 肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が、65歳以上の方です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されます。

接種期間

令和1年6月1日~令和2年3月31日

接種回数

 1回(過去に接種した方は対象になりません)

費用

 自己負担2,000円予防接種を受ける際に医療機関でお支払い下さい。

令和元年度の接種対象者

令和元年度の接種対象者 一覧
年齢 対象生年月日
65歳  昭和29年4月2日生 ~ 昭和30年4月1日生の方
70歳  昭和24年4月2日生 ~ 昭和25年4月1日生の方
75歳  昭和19年4月2日生 ~ 昭和20年4月1日生の方
80歳  昭和14年4月2日生 ~ 昭和15年4月1日生の方
85歳  昭和 9年4月2日生 ~ 昭和10年4月1日生の方
90歳  昭和 4年4月2日生 ~ 昭和 5年4月1日生の方
95歳  大正 13年4月2日生 ~ 大正 14年4月1日生の方
100歳  大正 8年4月2日生 ~ 大正 9年4月1日生の方

 

  1. 令和元年6月1日以降の接種日において、60歳以上65歳未満の者で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者

ご注意ください!

 過去に高齢者用肺炎球菌ワクチンを接種されたことのある方、令和元年度接種年齢以外の方は定期接種の対象となりませんので、補助が受けられません。全額自己負担であれば接種可能です。
 また、前回の接種から5年以内に再度接種を受けた場合、副反応が強く発生することがあります。

接種方法

 村内の医療機関で接種できます。なお、希望者は各自で医療機関に予約をしてください。

 

*対象者の方にお送りしました、通知裏面の「令和元年度大北地区高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関」に栗林医院(大町市)が記載されていますが、閉院されたため予防接種を受けることができません。ご了承ください。

 (注意)ご不明な点は、白馬村役場健康福祉課健康づくり係(電話0261-85-0713)までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康づくり係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-85-0713 ファックス:0261-72-7001
お問い合わせはこちら

更新日:2019年06月26日