結核

9/24~9/30は結核予防週間です

結核とは

結核とは、結核菌という細菌が体の中に入ることによって起こる病気です。
結核菌は主に肺で炎症を起こすため、初期症状は、咳、痰、発熱、呼吸困難など、風邪と似ています。
くしゃみや咳をしたときに菌が空気中へ飛び散り、それを周りの人が吸い込むと感染します。
結核に感染しても、すべての人が発病するわけではありません。病気などで免疫力が落ちると、発病しやすくなります。

結核は昔の病気ではありません

結核は薬を飲んで治療できる時代になりましたが、今でも1日に40人の新しい結核患者が発生し、6人が命を落としている日本の重大な感染症です。

結核の予防

健康的な生活が予防につながります。

  1. 適度な運動
  2. 十分な睡眠
  3. バランスの良い食事
  4. タバコを吸わない
  5. 定期健診

「痰の絡む咳」「微熱」「身体のだるさ」が2週間以上続く場合には早めに受診しましょう。
高齢者の場合は上記の症状が出ないことがあります。年に一度は健診を受けるようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康づくり係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-85-0713 ファックス:0261-72-7001
お問い合わせはこちら

更新日:2020年09月01日