企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)

 企業版ふるさと納税は、地方公共団体が行う地方創生の取組に対する企業の寄附について、損金算入(3割)に加えて税額控除(3割)の特例が受けられる制度です。

 企業が寄附しやすいように、寄附額の下限は10万円と低めに設定されていますが、寄附企業への経済的な見返りは禁止されています。

企業のメリット

 寄附金額の最大6割が法人住民税等から控除されるため、少ない負担で地方創生に取り組む自治体を応援できます。

 CSR活動として、地方を応援する企業であることをPRできます。

 

白馬村で寄附を集める事業

 白馬村総合戦略に位置付けられており、内閣府が認定する地域再生計画に記載された事業が対象となります。

 

認定済の地域再生計画

白馬村の未来を担う国際観光人材育成事業

地域の基幹産業である観光業を担う人材のUターンを促進することを目的として、白馬高校卒業後に奨学金を活用して大学等の高等教育機関に進学し、白馬村に定住して観光に関連する産業に就職した若者に対して、奨学金の返還を補助します。

地域再生計画「白馬村の未来を担う国際観光人材育成事業」(PDF:468.3KB)

この事業は以下の企業から寄附をいただいています。

コンパッソ税理士法人

株式会社パレス ロゴ

 

今後認定される可能性がある事業

グリーンシーズンの観光振興

  • 白馬大雪渓の観光活用
  • トレッキングコース・サイクリングコースの整備
  • 自然体験型ツアーの構築
  • トレイルラン・バックカントリー世界大会等の開催
  • 里山整備による地域資源の活用

外国人観光客の誘致

  • 多言語による統一的な観光案内
  • インバウンド受入サポート体制強化
  • 二次交通の充実
  • 多言語による宿泊・飲食予約システム

しごとづくりと移住定住

  • 空き家・空き店舗の活用と創業支援
  • サテライトオフィス誘致とテレワーカーの受入

農産物のブランド化

  • 白馬産米のブランド化
  • 食用ほおずき、陸わさび等の販路拡大

新たな図書館等複合施設及び新「道の駅」の整備・運営

  • 交流・文化創造拠点となる図書館複合施設の建設・運営
  • 新たな道の駅を核とした地域経済循環システムの構築

クリーンエネルギーの利活用

  • 小水力発電
  • 木質バイオマスの活用(薪・ペレット・チップ等)
  • 温泉熱の活用(野菜栽培・融雪等)

白馬高校の魅力づくり

  • 国際観光科の生徒全国募集支援
  • 公営塾と教育寮の運営
  • 生徒の留学支援

国内留学生の受入(小中学校)

  • 自然環境での生活体験ができる環境整備

将来のトップアスリート育成

  • クロスカントリー競技場の活用
  • スキー・スノーボード、MTB選手等の育成

白馬村らしい景観形成

  • 無電柱化の推進
  • 白馬駅前の整備
  • 山岳景観の保全

 上記以外にも対象事業がありますので、お気軽にご相談ください。

寄附の手続きの流れ

  1. 寄附の申出
  2. 村が事業を実施(事業費の確定)
  3. 企業から村に寄附(事業費の範囲内)
  4. 村から企業に寄附金の受領証を発行
  5. 企業が受領証を添えて税額控除を申告

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 企画調整係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-72-7002 ファックス:0261-72-7001


お問い合わせはこちら

更新日:2019年09月24日