白馬村の概要(位置・人口・気候等)

位置

白馬村の位置画像

 白馬村は長野県の北西部に位置し、面積189.36k平方メートル、周囲65.5キロメートル、南北16.8キロメートル、東西15.7キロメートルを擁しています。
 南は佐野坂峠で大町市と、西は後立山連峰を構成する白馬連峰により富山県と、北は小谷村と、東は長野市・小川村と、それぞれ隣接しています。
 地域の中央部を南北にフォッサマグナが走っており、この大断層地帯に白馬連峰から流れ出す河川によって扇状地が形成されています。村の南部から北部へ曲折しながら流れる姫川は、白馬村の南端佐野坂に源を発し、東西山地より流れる支流谷地川・平川・松川・楠川などと合流し、遠く日本海へ及んでいます。 西側白馬連峰一帯は酸性火成岩類で形成されており、急峻な山岳美をみせ登山、ハイキング、スキー場など観光資源となっています。 また、東側山地は第三紀層で、やわらかな砂岩・凝灰岩などから成っており、一部観光開発が進んでいるが、豊かな造林地帯となっています。

人口・世帯数の推移(国勢調査)

 平成22年10月1日現在、村人口は9,205人(3,245世帯)となっています。
 国勢調査の始まった大正9年の人口は5,895人。昭和22年をピークとして45年頃までは若年層の都市流出にともなう人口減少が続きましたが、その後観光産業のめざましい発展と共に都市部からの転入・Uターンが相次ぎ、増加基調に転じました。
 しかし、近年の少子高齢化や世界的な経済不況から出生数の低下や首都圏への人口流出に歯止めがかからず平成22年の同調査では昭和50年調査以来、約35年ぶりの人口減少に転じました。
 国勢調査におけるより詳しい人口動態は国勢調査結果ページをご覧ください。
 

気候

 山岳に抱かれた盆地であるため、全体的に冷涼な気象であることが特徴となっています。
 年間の降水暮は1,900~2,000mm。冬期には日本海からの寒気が山岳地に当たり大量の降雪をもたらしています。
 以下のグラフは平成22年1月~12月のものです。

平成22年の気候情報のグラフ画像

気温・雨量・積雪の観測極値

気温・雨量・積雪の観測極値一覧
  極値 観測年月日 観測期間
最高気温 36.2度 平成6年8月16日 昭和53年11月~現在
最低気温 -18.7度 昭和56年1月31日 昭和53年11月~現在
最高雨量 188ミリメートル 平成7年7月11日 昭和51年4月~現在
最高積雪 187センチメートル 昭和55年12月28日 昭和55年11月~現在
1時間の
最大
降水量
55ミリメートル 平成11年9月4日 昭和51年4月~現在

地目別面積

地目別面積一覧
総数 宅地 山林 原野 湖沼 雑種地 その他
189,360,000
7,673,411
2,262,744
4,547,392
24,824,238
28,223,214
59
2,323,298
119,505,644

[平方メートル] 

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 企画調整係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-72-7002 ファックス:0261-72-7001


お問い合わせはこちら

更新日:2019年04月01日