新型コロナウイルス感染症に感染された方等への傷病手当金の支給について

○傷病手当金とは

白馬村国民健康保険・長野県後期高齢者医療保険の加入者(被保険者)のうち、給与の支払いを受けている方で、新型コロナウイルス感染症に感染(発熱等の症状があり感染が疑われる場合も含む)し、その療養のために労務に服することができず、その間給与の支払いを受けられなかった方に支給する手当です。

○支給の対象者

次の条件のすべてに該当する方が対象者です。

(1) 白馬村国民健康保険・長野県後期高齢者医療保険の加入者(被保険者)

(2) 勤め先から給与等の支払いを受けている方

(3) 新型コロナウイルス感染症に感染、又は発熱等の症状があり感染が疑われ、その療養
のために就労することができなかった方

(4) 就労できなかった期間に、給与等の全部、又は一部の支払いを受けられなかった方

○支給要件

  1. 就労できなくなった日から起算して連続した3日間(待機期間)を経過した4日目以降に療養のために就労を予定していたが就労できなかった日があること。
    なお、待機期間の3日間には、土日祝祭日の公休日、就労が予定されていなかった日も含まれます。

 

  1. 支給対象期間中、給与等の全額、又はその一部の支払がないこと。
    ただし、給与等の支払があった場合で、その支払額が傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。

○支給額

傷病手当金は次の計算式により算出されます。


計算式
直近の連続した3か月間の給与等の収入額の合計額 ÷ 直近の連続した3か月間の就労日数 × 3分の2 × 就労を予定していた日数。


計算過程で生じた端数は条例の規定により端数整理します。

注意 就労できなかった日の翌日から起算して2年間で時効となります。時効成立以後の請求はできません。

○適用期間

令和2年1月1日から令和2年9月30日までの間で、療養のために就労に服することができない期間。

※ただし、9月30日前から入院し9月30日以後も入院が継続する場合等は、最長1年6か月まで適用されます

○申請方法

傷病手当金を申請するには、次の書類が必要です。

(1) 国民健康保険傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)

(2) 国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)

(3) 国民健康保険傷病手当金支給申請書(事業主記入用)

(4) 国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)

○申請書<白馬村国民健康保険>

○申請書<長野県後期高齢者医療保険>

記載例

○申請書類の提出先と提出方法

  郵送による提出が可能です。

 申請書、同意書、必要な書類を同封し、白馬村役場 住民課 国民健康保険係、又は後期高齢者医療係まで郵送してください。

 住民課へご持参いただくことも可能です。

 次の種類を同封・持参してください。

<郵送の場合>

○保険証の写し

○振込先が確認できる通帳等の写し

<持参される場合>

○保険証

○振込先が確認できる通帳等

○印鑑(朱肉を使用するもの)

この記事に関するお問い合わせ先

住民課 住民係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-85-0715 ファックス:0261-72-7001
お問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

みなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

このページに関するご意見は、お問合せフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

更新日:2020年06月29日