村長あいさつ (Mayor's Greeting)

第22回白馬スノーハープクロスカントリー大会成功御礼

県内外より2,262名の選手をお迎えし、第22回白馬スノーハープクロスカントリー大会が7月20日~21日に開催され無事終了できましたことを嬉しく思うと同時に、大変感動をさせて頂きました。

ここ「スノーハープ」は、1998年長野冬季オリンピック・パラリンピック、2005年のスペシャルオリンピックス冬季大会など、これまでに世界中の多くのトップアスリートが集い、クロスカントリースキー競技が行われた会場です。

本大会は、世界中に夢と感動を与えた20世紀最後のオリンピックの年に「オリンピックコースを走ろう」の合言葉のもとに始まり、20年以上の歴史を重ねながら多くのランナーに認知していただき、大勢の選手が参加する、白馬の初夏を飾る一大イベントと育ちました。

本大会の成功に当たり、広大なスノーハープの草刈りを多くの村民の皆さまの協力と、当日のボランティアや大会関係者並びにご協賛を賜りました皆さまに心から感謝を申し上げますとともに、参加された選手の皆さまのこれからさらなる飛躍をご祈念申し上げ、御礼の言葉といたします。

令和元年7月22日

大会長(白馬村長) 下川 正剛


 

Appreciation Massage

from the Chairman of the 22nd Hakuba Snow Harp Cross Country Race

The chairman (the Mayor of Hakuba Village)
Masatake Shimokawa

 On July 20 and 21, the 22nd Hakuba Snow Harp Cross Country Race was held with 2,262 runners from inside and outside of Nagano prefecture. I was impressed, and I am glad that it ended successfully.

 “Snow Harp” is the venue where the number of top athletes gathered and competed in the cross country race, other than the 1998 Nagano Winter Olympics and Paralympics and 2005 Special Winter Olympics.

 As we were encouraged and impressed by the games, Hakuba Snow Harp Cross Country Race was founded based on the idea “Running Olympic Course”  in the year of the last Olympics in the 20th century. Over two decades past, this race became to be known among the many runners, and a symbolic event of early summer in Hakuba.

 I recognize we owe this success to the effort of many villagers mowing a broad field of venue, all the volunteers, staff, and the people supported this event. I want to show my gratitude to you all and wish continuing success on the participated runners.

 Thank you very much

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-72-7002 ファックス:0261-72-7001
お問い合わせはこちら

更新日:2019年07月25日