村長あいさつ (Mayor's Greeting)

 白馬村長の下川正剛です。白馬村村長下川正剛顔写真
 2期目を迎えるにあたり、改めて責任の重さを実感し、“明るく元気な村づくり”に邁進する覚悟でございます。
 昨年を振り返りますと、2月に15年ぶりのノルディックコンバインドワールドカップを開催し、渡部暁斗選手が独走で優勝しました。その後の平昌オリンピックでは銀メダル獲得、さらには23季ぶりに日本人としては2人目の同種目ワールドカップ個人総合優勝を達成し、日本のスポーツ史に輝かしい記録を刻みました。
 7月には、妊娠・出産期から18歳までの切れ目ない子育て支援の実現を目指して「子育て相談支援センター おひさま」を開所しました。専門スタッフが、妊娠や出産、子育てに関する様々な悩みの相談に応じ、幅広く子育てをサポートしていきます。
 8月には、大町市源汲において新ごみ焼却施設「北アルプスエコパーク」が開設し、長年の課題でありました、広域体制による、ごみの受入が始まりました。
 民間事業になりますが、10月には、岩岳山頂に「ハクバ マウンテンハーバー」がオープンし、連日多くのお客様で賑わいました。グリーンシーズンの誘客や、本年4月に発足予定の白馬村・小谷村・大町市による地域連携DMO化に向け、大きな弾みとなったところです。
 12月には、関係者をお招きして、学校給食センターの完成披露式典を行いました。未来を担う子どもたちは基より村民の食育拠点として、本年4月の本格稼働に備え、スタッフとともに準備を進めています。
 他にも様々な出来事があった1年ではありましたが、白馬村第5次総合計画の基本理念「白馬の豊かさとは何か」~多様であることから交流し学びあい成長する村~を自問自答しながら、公共の福祉実現のために、住民、職員とともに取り組んだ年であったと実感しています。
 いよいよ、今年は、平成に終わりを告げ、新しい時代が始まり、東京2020年オリンピック・パラリンピックまで1年余りとなります。どのように時代が変わろうとも、行政が果たすべき役割や日本人としての「おもてなしの心」には、長野オリンピックの開催地として、いささかの変化もありません。
 基礎自治体である村と地域コミュニティの要である自治会が、それぞれに知恵を出し合うことが、人口減少社会を乗り越える第一歩であります。地域役員懇談会で出された課題の解決のために、集落支援員制度の活用もしながら、よりよい村づくりに取り組んで参ります。
 最後になりましたが、観光産業を核とする白馬村においては、自然の恩恵、とりわけ山と雪の恵みに心から感謝し、皆様のご多幸をお祈り申し上げまして、ご挨拶といたします。

平成31年 白馬村長 下川 正剛(しもかわ まさたけ)


 

I am Masatake Shimokawa, the Mayor of Hakuba Village.
This being the first new year of my second term, I feel a great responsibility to renew my resolve in engaging in vitalizing our village.
Last February, we held the Nordic Combined World Cup which was the first time in 15 years. Akito Watabe, from Hakuba, won the first prize. He followed this by winning the silver medal in the Winter Olympics in PyeongChang. He also became the second Japanese skier to accomplish the overall World Cup Nordic Combined title, the first being 23 seasons ago. 
In July, we launched “Child and Family Support Center Ohisama” aiming to provide continuous support in the period from pregnancy/childbirth to the time a child turns 18. Specialized staff were employed in the field of pregnancy, childbirth, and childcare.
In August, new incineration facility “Kita-Alps Eco-park” in Omachi came into service providing for the greater area; as it had been an issue for a long time.
In October, “Hakuba Mountain Harbor ” opened at the top of Iwatake generating lots of visitors every day. Although this is a private business, I’d like to mention that it has stimulated the potential of visitors for the next green season.
In December, we held the official ceremony for the completion of Kyushoku center (school lunch). Not only will this center provide lunch for the children attending school but also operate as the base of dietary education. We are currently preparing for a full-scale operation to commence in April.
We had many events last year. We challenged to fulfill public welfare by confirming the underlying philosophy of our fifth Master Plan “ with the richness of Hakuba, we can improve ourselves by adapting to its diversity.” 
It is the end of the Heisei (the Japanese imperial calendar) and the beginning of a new era. It is also only one more year until 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games. We endeavor to provide the same high quality of service and hospitality as when we hosted the Winter Olympic and Paralympic Games.
I believe that the first step to overcoming a problematic period of depopulation is to share our wisdom among the village and the communities. We engage in a better public administration service with the community supporter system to resolve any problems submitted by the ward representatives.

In closing, I want to sincerely express my appreciation for what is provided by nature, as our tourism industry is centered around our beautiful mountains and quality snowfalls.
May the this year bring only good things to all of you!
 

Mayor’s

Greeting 2019

Masatake Shimokawa

Hakuba Village Mayor

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務係

〒399-9393
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
電話番号:0261-72-7002 ファックス:0261-72-7001
お問い合わせはこちら

更新日:2019年04月17日